大阪府で内科・外科・消化器・眼科・糖尿病・甲状腺をお探しの方は今里胃腸病院へ

糖尿病

 当内科では高血圧症や肥満などの生活習慣病や糖尿病において、良質の医療を提供できるように努めています。

診療内容

糖尿病

男性女性ともに60歳以上では、疑い例を含めると高齢者の実に4割前後が罹患しており国民病となっています。
糖尿病で注意すべきことはその合併症です。

  1. 失明につながる網膜症
  2. 人工透析に至る腎症
  3. 足切断にいたる神経症
  4. 心筋梗塞などの冠動脈硬化症
  5. 脳卒中などの脳血管障害
  6. 下肢切断につながる動脈硬化症
  7. 膵臓癌、肝臓癌や大腸癌があります。

 これら合併症を引き起こさない、あるいは悪化させないためには、日頃からの注意が必須です。

 まず、食事療法(管理栄養士)、つぎに運動療法、そして薬物療法(薬剤師)です。これらの看護師を含む各専門家はお互いに連携し、個々の患者様の生活スタイルにあわせ、糖尿病専門医と一緒になって、それぞれの患者さまに最適な医療を提供していきます。「知は力なり」といいますが、糖尿病に対する知識と理解が深まるにつれ、糖尿病が改善してきます。外来での「糖尿病教室」では専門医と看護師をはじめ、各専門家がテーマをきめて、患者様方の理解を援助しています。

当内科の特色

  • 糖尿病専門スタッフにより、個々の患者様の生活習慣などの患者背景、糖尿病合併症などの病態の把握、持続血糖測定(CGM)やインスリン持続皮下注入療法(CSII)の導入と指導、外来糖尿病教室の開設などと患者様に応じた指導を行っています。
  • 糖尿病教育入院
  • 予約も可能です。

医師紹介

岡部 玲子

  • 資格等
    • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
    • 日本糖尿病協会療養指導医
    • 日本医師会認定産業医

患者様へ

当院の糖尿病内科では、
専門医が、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師と一緒になって、
皆様方のお越しをお待ちしています。
下記に該当する患者様は是非、お越しください。

  • 健診で血糖が高い、コレステロールが高い、血圧が高い。
  • 治療を受けているが血糖コントロールがうまくいかない。
  • 動悸、ほてり、手の震えがある。
病院案内はこちら

外来診療担当医表

外来担当医表は下記よりご覧ください。

詳細はこちら

診療科・医師のご紹介