大阪府で内科・外科・消化器・眼科・糖尿病・甲状腺をお探しの方は今里胃腸病院へ

眼科

 当院では、患者さまの希望を伺いながら、入院もしくは日帰りでの白内障手術や硝子体手術、緑内障手術、網膜剥離手術などを行っています。
白内障手術に用いる眼内レンズは、単焦点レンズだけではなく、遠くと近くが見える遠近両用の多焦点眼内レンズを用いた手術も行っており、眼鏡への依存を減らすことで患者様の生活の質の改善に寄与しています。

 硝子体手術は小切開硝子体手術を導入しています。硝子体手術の前に網膜光凝固(レーザー治療)が必要なことがありますが、痛みが少なく、通院回数の少ない治療が可能になっています。

 そのほか、加齢黄斑変性症、黄斑浮腫を伴う網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症に対して抗VEGF製剤の硝子体注射を施行しています。この治療法ができるまでは著しく視力低下していた疾患でも大幅に改善するケースもあります。
また当院では、他科との連携により全身疾患がある方への対応も積極的に行っています。

雑誌に掲載されました!

医師紹介

眼科栗田 加織

  • 専門医/学会等
    • 日本眼科学会専門医
    • 眼科PDT研究会認定医
    • 日本網膜硝子体学会
    • 日本医師会認定産業医

手術可能疾患

  • 網膜はく離
  • 増殖網膜硝子体症
  • 糖尿病黄斑浮腫
  • 増殖糖尿病網膜症
  • 網膜前膜
  • 黄斑円孔
  • 緑内障
  • 白内障
  • 外傷 など

手術症例~平成28年~

白内障
の手術件数
302
網膜硝子体手術
の件数
153
縁内障
の手術件数
7
加齢黄斑変性硝子
体内注射の件数
7

抗VEGF硝子体内注射

  • 加齢性黄斑症
  • 糖尿病黄斑症
  • 網膜中心静脈閉塞症
  • 網膜静脈分枝閉塞症
  • 病的近視 など

レーザー光凝固術

  • 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症の無血管野に対する網膜光凝固術
  • 網膜裂孔・網膜はく離に対する網膜光凝固術
  • 閉塞隅角緑内障に対する虹彩切開術
  • 後発白内障切開術

先進医療

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」

厚生労働省による先進医療認定施設

使用機材

Carl Zeiss/OPMI LUMERA 700

Carl Zeiss/
OPMI LUMERA 700

Alcon/CENTURIONVision System

Alcon®/
CENTURION®Vision System

Alcon/Constellation Vision System

Alcon®/
Constellation® Vision System

今里胃腸病院附属診療所

今里胃腸病院 附属診療所
施設名 今里胃腸病院附属診療所
所在地 〒544-0015 大阪市生野区新今里6-5-5
電話番号 06-6752-1011
FAX番号 06-6752-7534
診療科 眼科、内科、外科、消化器科
診療時間 月~土9:00~12:00
※日曜・祝日・年末年始は休診致します。

交通アクセス

近鉄線「今里」下車 南へ200m
大阪市営地下鉄千日前線「小路」下車 4番出口より北西へ800m

診療時間

9:00~12:00
※月曜日・水曜日の午後は手術日になります。※日曜日・祝日は休診です。

外来診療担当医表

外来担当医表は下記よりご覧ください。

詳細はこちら

診療科・医師のご紹介